ボディソープがお肌を乾燥させる原因に・・・

ペット…悪くないですね…フフ… > 乾燥肌 > ボディソープがお肌を乾燥させる原因に・・・

ボディソープがお肌を乾燥させる原因に・・・

毎日、しっかりと潤いを与えて保湿しているのに「肌が乾燥する・・・」というお悩みを抱えている女性は少なくないようです。

一般的に、肌の乾燥は角質層の中の角質細胞間脂質と呼ばれるセラミドなどの保湿成分が失われることで、角層の水分量を維持できなくなって起こります。

ですが、まれにボディソープがお肌を乾燥させてしまうことがあります。

ボディソープは泡立ちが良くて使いやすいので多くの人が使用していますが、ものによっては肌に悪影響を与える場合もあります。

本来、ボディソープは体を洗うときに使うものなので、顔の肌には影響ありませんが、手足や体が乾燥するという人は、ボディソープの使用を控えたほうがいいようです。

ドラッグストアーなどで市販されているボディソープは安価なものが多く、それらには界面活性剤が含まれています。

これは、食器用洗剤などにもよく含まれる成分で、本来は混ざり合わない水と油を混ぜるつなぎのような働きをします。

これによって汚れや油分が水と共に洗い流されるわけです。

ですが、界面活性剤の作用は強く、体にとって本来必要な分の油分まで取り去ってしまうことがあります。

ボディソープを使うと、なんだか肌が痒くなるという人もいらっしゃいます。

それは、ボディソープに含まれる界面活性剤が油分を落とし過ぎているために肌が乾燥して起こる症状です。

油分は肌の表面に膜を張り、水分を蒸発しにくくする役目を担っていますが、その油分まで落としてしまえば、当然、肌は潤いを失って乾燥状態に陥ります。

この乾燥は入浴後に保湿クリームなどを塗れば改善できると思いますが、お肌のためには、それよりも、まずは、乾燥の原因となるボディソープを見直したほうがいいかもしれません。

http://katominmi.com/

 



関連記事

  1. ボディソープがお肌を乾燥させる原因に・・・
  2. 乾燥肌に関わる対策と女子力に関わる問題について